専門知識が必要な施工管理に挑戦するなら求人に応募

専門知識が必要な施工管理に挑戦するなら求人に応募

面接

各業種に必要なスキル

建築士が作成した図面を元に、建築材料の加工や建造物を建てる仕事を大工が行ないます。必要なスキルは、設計図を読み取る力、狂いのない正確な加工技術、そして建築技術です。これらの経験を積むには、未経験を募集する大工専門の求人サイトを利用することです。また求人によっては、即入居できる寮を提供している事もあります。一方、施工管理の仕事は、作業員の配置を管理したり、品質管理を任させたりします。ですから、判断力と統率力がある方は採用されやすい傾向にあります。そしてさらにもっと上をいくなら、マネジメントに使えるスキルを要するでしょう。これらのスキルは、現場で働きながら習得可能です。

男女

フリーエンジニアという道も

営業や事務手続きなどを代行するようになってから、フリーエンジニアという働き方が増えているでしょう。独自のIT技術を駆使し、多種多様な案件をこなします。ただ、フリーとして働くと心配なのが収入面です。仕事が取れないと収入が安定しなくなります。しかし、今はフリーエンジニアの方などをサポートしてくれる会社があるため、安心して自由に働くことができるでしょう。

履歴書

女性の活躍

大工や施工管理は男性が多く集まる職場なので、女性の入る隙はないと勘違いされやすいです。しかし、最近は施工管理を募集する会社もパッと場の雰囲気が明るくなる理由で女性を積極的に採用しています。昔から建築関連の仕事に就きたいという夢があるなら、チャレンジしましょう。

求人サイト&転職エージェントの違い

求人サイトの特徴

求人サイトからは、求人の応募をスムーズにすることができます。電話だけでなく、ネットからも応募できるので便利でしょう。もし採用されれば、場合によって祝い金を頂くことだってできるのです。

転職エージェントの魅力

求人サイトと違うところは、サポートの有無です。求人サイトの場合、情報集めから応募まで全て自分一人で行ないます。対して転職エージェントは、アドバイザーが職探しのアドバイスをしたり、面接のフォローに入ったりなど二人三脚で合格を目指します。

広告募集中